ボトックスの申し込み【仕事帰りにクリニックに立ち寄り施術】

理想の小顔を手に入れる

カウンセリング

コスパのいい整形方法

整形には抵抗があるかもしれませんが、気軽に受けられるプチ整形なら検討したいと考える方が多くみられます。でも、ボトックスをした場合に何に配慮するのか分からないという声も聞きます。そこで、今回は治療前後に注意する点を紹介します。まずはボトックスを注射する前の段階についてです。妊娠している方やその可能性のある方、授乳中の場合には注射を受けることができません。その他、持病がある場合は事前にカウンセリングにて医師に確認をしたほうが安心です。それから日常的に服用している薬があればそれもドクターに伝えたほうがベターです。注射の効果が妨げられるのはもったいないですよね。では治療後に注意したいことを挙げます。注射後、注入した部位をさすったり、マッサージをしたりしないようにしてください。せっかく注入したボトックスが拡がってしまい動くことによって、効果が激減してしまうからです。ですので、フェイシャルエステなど顔へのマッサージは数日の間は我慢してください。ただし、化粧は施術当日から可能です。その場合は注射した部位にはあまり触れずに化粧水やファンデーションを塗ってくださいね。そして、注射した当日の入浴は控えてください。ボトックスは熱に弱いという特性があるからです。そうはいってもお風呂は必須という方はシャワーが可能です。ジムに通われている方は、激しい運動やトレーニングも数日間はしないようにしてください。体が温まるとボトックスの効果が薄れてしまうからです。体温を高めてしまうという理由では、施術当日のアルコール摂取も残念ながらやめておいたほうがいいです。ボトックスの注射って実はコスパがいいんです。施術したい部位によって値段は異なりますが、10万以内の予算で実施可能です。顔のシワやたるみを取りたいという方で、例えば眉間のシワをボトックスによって改善したい場合、だいたい2万円〜3万円台で施術しているクリニックが大部分を占めます。顔全体のシワ取りになると、4万円〜5万円台後半が相場です。個人差がありますが、顔への施術の場合、3〜4カ月ほどその効果が持続します。時々のエステや毎日の化粧品代を考えると、ボトックス注射で得られる効果は大きいですよね。エラの張りをなくしたいという方の場合は、5万円台後半〜8万円台が施術費用の相場となります。エラの張り方が大きい場合は、注入する量が増えてしまうので予算が少し上がる可能性もあります。それでも、アゴを削るという手術に比べると、メスを使わない注射による施術なので費用はぐんと下がっています。早い方は3週間ほどで、その効果が実感できます。遅くとも1ヶ月ほど経過するとアゴの張りがなくなり、顔の輪郭が一回りほっそりします。もちろん人によってその効果のスピードは異なります。持続期間は3〜4カ月ほど持ちます。いきなりエラの張りがなくなるわけではないですが、じわじわと小顔になっていくので、他人に整形したとバレるという心配がありません。ワキ汗を減らしたいという方は、両ワキでだいたい5万円台〜6万円台の費用となります。個人の差異はありますが、4カ月〜半年ほど多汗症が抑えられます。注射した部位からは汗が出なくなるので、多汗症は解消されます。